忍者ブログ

Cozy "Cube" Corner ある一人のスピードキューバーのブログ

RSS TWITTER RssTwitter

アジア大会2014参加します!

こんにちは。

いろいろ悩みましたがルービックキューブアジア大会2014、参加することにしました。とある事情で、11月までキューブがまだ続けられることになったので。まあでもそろそろマジで引退しないとね。これからの就活このままじゃ心配だし。

それはさておき、近況です。
本腰を入れている種目は333スピードと目隠し系ですが、今回のアジア大会が僕にとってはおそらく最初で最後の国際大会になると思うので、目標を高く持っていくことにしました。
333スピードはアベレージsub13,3BLDはシングルsub30,4BLDはシングル4分切りが目標です。出場者のメンツを見た限りでは、残り期間で力をつけて実力を出し切れれば、表彰台も届くんじゃないか、と思っています。5BLDとMBLDは時間があれば仕上げていく、といった具合です。あと40日程度じゃ無理そうだけど。
メイン競技である3BLDはsub30安定を目指すために解法の80%を乗り換えました。今まではEdge TuRBo,Corner TuRBoに近い解法を使用していたのですが、NoahとMarcellの手順に一気に乗り換えました。まだ解法に慣れていない&この3ヶ月BLDをほぼやっていなかったこともあって、成功率は現状良くないですが、sub30の割合がかなり増加しました。そうはいっても現状アベレージ32秒〜34秒と遅く、正直残り40日間でsub30安定なんてとても間に合わないと思いますが、この40日間の練習次第では本番でsingle記録を叩き出す可能性は高くなるはずです。まだあきらめません。

本腰を入れる種目は3BLDと4BLDの2つですが、5BLDとMBLDの基礎固めは9月中に完了させる予定です。競技で通用するレベルには持っていけないでしょうが、ここで基礎を固めておくことで、キューブ本格再開後の伸び方がかなりかわってくると思いますので。

333スピードの方はやっと13秒台前半が安定するようになってきました。現状13.2~13.3で安定しています。sub13の壁は果てしなく高そうですが。


なかなかプレッシャーも多いのですが、せっかくの国際大会ですし、勝つ以前にまずは心置きなく大会を楽しみたいですね。残り40日間、悔いのないように精一杯練習していこうと思います。
PR

【BLDtutorial】~エッジファーストのすすめ~

こんにちは。今回は昔に書き溜めておいた記事の一つを、修正して公開します。
 

さてさて、いつも気まぐれで更新しているこのBLDtutorialですが、今回は触れられそうでまだ触れられていないテーマについて、書いていこうと思います。

今回のテーマは「エッジファーストのすすめ」です。


BLDerの皆さんは「コーナーファースト」と「エッジファースト」という言葉を聞いたことがあるかと思います。
コーナーファースト、エッジファーストというのは、BLD(ここでは主に3BLD)において、前者ならコーナーをエッジよりも先に処理する、後者ならエッジをコーナーよりも先に処理するということを指します。
 
WCAの3BLD世界ランキング上位に位置するBLDerのほとんどがコーナーファーストを採用しており、エッジファーストを採用している選手は非常に少数(Marcin Zalewski,Noah Arthursなど)であるのが現状となっております。エッジファーストを採用しているBLDerはマイノリティであり、統計を見るだけでは3BLDはコーナーから先に解くのがセオリーではないか?と思われがちです。

ですが、その少数派であるエッジファーストには少数派ならではの(?)メリット、魅力が存在します。かくいう私も3BLDにはエッジファーストを採用しており、このソルビングスタイルを採用することでたくさんの恩恵を得てきました。今回は3BLDにおけるソルビングスタイルである、この「エッジファースト」の魅力について書いていこうと思います。
 
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  
いきなりになりますが、エッジファーストの利点、メリットについて挙げていきます。
エッジファーストのメリットでまず一番大きく挙げられるのはなんといっても、

文字記憶が得意な人に向いている
 
これです。
 
ここでいう文字記憶とは、ループの文字羅列(エッジなら12文字の文字羅列)を数え上げながら、その12文字をそのまま「音」で覚えるという記憶法です。
この記憶法を採用しているBLDerに、エッジファーストは非常に大きな威力を発揮します。



海外でエッジファーストが流行らない理由には、「アルファベットでナンバリングをしているから」という理由があるのではないかと私は思っています。
アルファベットは文字に、日本語のひらがなのような一音節(子音と母音の1セット。kaやsuといったような音。)の音が対応していません。英語圏の選手が、全てアルファベットでナンバリングされたループを音で記憶しようとすれば、Aなら「エー」、Bなら「ビー」、Xなら「エックス」と記憶することになります。エッジならループの文字数は平均12文字になりますし、12文字をいちいち「エービーエックス…」と覚えるようでは、記憶はかなりやりにくいのではないでしょうか。
このために海外のトップBLDerには、エッジのアルファベットでできたループもレターペアストーリーで記憶している選手が多いのではないかと思うのです。(これはあくまでも私の推測です。一音節の音を当てたいのならAならア(a)、Bならビ(bi)と記憶すれば済む話ですしね。これをやっているのがNoah Arthursです。) 

一つのナンバリングに一音節が対応していれば、音にして記憶するのが非常に容易になります。日本語のひらがなは一文字に一音節が対応しています。日本人選手にはひらがなでナンバリングをしている方が多いと思いますし、ひらがなでナンバリングをしている時点で、文字羅列を音にして記憶するのは、アルファベットナンバリングに比べて遥かに簡単ではないでしょうか。そして、連続した音を覚えることが得意な人には、文字を音にして記憶する記憶法「文字記憶」は威力を大きく発揮するのではないでしょうか。

この「文字記憶」の威力を最大限に引き出すことができるのが、「エッジファースト」なのです。

ここで、エッジファーストを用いた分析記憶、実行の手順の一つ「Noah式」を紹介します。

【分析・記憶パート】
①コーナーの8文字を、文字を数えながら2文字+2文字で1つの文章にして、それを2つ作る。そして作ると同時に記憶する。いわゆるレターペアストーリー記憶。ストーリーで覚えるため記憶の持ちが良くなる。
②コーナーのストーリーを覚えたまま、エッジの12文字を一気に数え上げ、数え上げてできた音12の音を、音で覚える。いわゆる文字記憶。文字をそのまま覚えるため、記憶の持ちはよくない。

【実行パート】
エッジを先に実行する。ここがエッジファーストの「ファースト」である所以です。なぜ先に解くか。それは先ほどの分析・記憶パートの②にあるように、エッジは文字で覚えるため、記憶の持ちが良くないからです。記憶の持ちが良くないために、一番最後に記憶して、一番最初に解くのです。
②コーナーを実行する。


そもそもなぜエッジコーナー両方を文字で記憶しないのでしょうか。それは、いくら文字記憶能力がある人でも、さすがに20文字を一気に覚えることのできる能力を持っている人はほぼいないからです。

一般的に、人が一気に覚えることのできる文字数の限界は7±1と言われており、この数値をマジックナンバーと呼びます。しかしその限界量は個人差があり、12文字以上を覚えることのできる人もそこそこの割合で存在します。

コーナーとエッジの両方をすべて文字で記憶するのはさすがに無理があります。が、どちらか片方をストーリーにして、記憶すれば、文字記憶の負担が減るのではないでしょうか。
ストーリー記憶は文字を数え、それをストーリー化するという二段階のステップをとって行う記憶法なので、文字を数えてそのまま記憶するという一段階のステップで済む文字記憶に比べて、どうしても記憶時間が遅くなります。
ストーリー記憶に比べて文字記憶の方が速く終わらせられるのであれば、記憶分量の多い方=エッジの12文字を文字で記憶した方が、コーナーの8文字を記憶するよりも効率が良いのです。



さて、ダラダラと長くなりましたがまとめに入ります。


ひらがなナンバリングは文字列を音として記憶する「文字記憶」に向いており、日本人選手の大半はひらがなナンバリングを採用しているため、文字記憶能力のある日本人は、文字記憶を中心にした記憶法で爆発的にタイムを伸ばすことができる。

記憶を素早く終わらせることのできる文字記憶を、記憶分量の多いエッジにあてて、さすがに残りも文字で記憶するのは無理があるから、残りのコーナー8文字はレターペアストーリーで記憶する。

ストーリー記憶に比べて文字記憶は記憶の持ちが良くないから、文字記憶のパート=エッジを先に処理する。

これがエッジファーストが文字記憶が得意な人に向いており、センスのある日本人選手がエッジファーストを採用することをオススメする理由です。



うーん、見返してみましたが、ダラダラとした文章で、まとまりなくて読みにくい…
すみません。あとでまた手直しします。
まあ、前々から思っていたことの一つをやっと記事にできました。
キューブから身を引いた後でもこのBLDtutorialは定期的に書いていこうかと思います。今では自分よりもセンスに溢れた日本人BLDerが増えてきましたし、もうこのブログも情報源にはならなくなってきたと思うんですけどね。数年したら見る価値もなくなってそう。まあいいか。


それでは今回はここまで。お読みいただきありがとうございました。

333PB祭り ao100=13.92 ao12=12.44 single=8.41 PB

1/5/12/100=10.23/11.71/12.94/13.92

times
12.71
, 12.36, 15.21, 10.71, 11.51, 13.51, 12.38, 13.29, 16.67, 12.44, 13.75, 12.28, 16.01, 12.91, 13.85, 13.19, 13.11, 11.66, 11.91, 16.86, 19.34, 13.50, 13.44, 14.40, 14.54, 14.04, 18.68, 14.81, 14.79, 12.43, 10.77, 11.21, 14.11, 13.14, 10.23, 14.20, 14.52, 12.57, 15.48, 12.94, 16.29, 12.87, 14.35, 13.69, 14.15, 15.98, 14.33, 13.39, 12.85, 14.93, 14.01, 14.86, 13.73, 13.29, 13.02, 12.64, 14.13, 16.53, 12.39, 15.62, 15.44, 14.86, 13.42, 12.74, 14.44, 13.67, 13.31, 16.45+, 16.30, 13.20, 10.81, 12.37, 16.44, 13.05, 16.02, 13.53, 13.01, 17.73, 15.88, 19.17, 12.49, 12.80, 13.56, 14.32, 14.38, 15.69, 14.48, 13.99, 15.43, 13.80, 12.25, 14.01, 12.92, 13.17, 13.45, 19.74, 12.82, 15.09, 14.10, 12.35

method:CFOP(yellow cross)
cube:Dayan Zhanchi
timer:qqtimer

notRAのao100でsub14はこれが初めてです
タイムが伸びたということで、あと2セット分測りました。

2セット目
1/5/12/100=11.35/12.07/12.81/14.08

times
11.84, 11.90, 16.25, 12.48, 11.35, 13.23, 15.24, 15.70, 16.07, 11.79, 14.32, 13.21, 13.59, 13.58, 13.19, 11.53, 12.14, 14.45, 14.16, 16.87, 12.61, 13.12, 14.48, 12.58, 13.43, 15.29, 11.40, 16.01, 16.50, 13.93, 14.17, 14.48, 13.35, 14.01, 15.23, 13.49, 15.88, 14.85, 11.72, 16.75, 15.88, 15.15, 15.88, 14.56, 13.90, 13.61, 18.27, 11.77, 14.27, 12.67, 12.59, 13.84, 18.49, 13.80, 16.18, 15.12, 15.04, 20.08, 14.71, 13.21, 14.67, 15.94, 13.34, 15.55, 14.90, 15.93, 13.57, 22.05, 12.56, 13.00, 18.41, 14.83, 14.05, 12.78, 13.81, 12.92, 12.42, 12.97, 13.42, 14.60, 12.08, 12.00, 12.64, 15.28, 13.07, 15.00, 12.22, 11.72, 13.01, 12.55, 13.53, 11.99, 13.69, 18.55, 15.92, 14.96, 12.92, 12.59, 16.15, 15.31

3セット目
1/5/12/100=8.41/12.15/12.44/13.99

times
12.79, 14.21, 13.27, 12.67, 15.28, 14.62, DNF(15.49), 14.10, 12.90, 17.65, 13.46, 11.78, 14.20, 13.49, 15.79, 14.68, 13.97, 13.34, 14.70, 12.91, 14.24, 10.62, 12.80, 10.89, 13.19, 12.77, 12.25, 14.22, 12.60, 11.33, 12.21, 12.12, 16.87, 13.80, 15.33, 13.84, 16.01, 13.28, 14.20, 14.68, 11.08, 14.85, 12.73, 15.58, 13.17, 15.52, 13.02, 13.30, 15.35, 12.59, 14.82, 13.08, 12.07, 14.66, 14.70, 12.51, 14.20, 16.43, 15.90, 14.70, 14.95, 15.71, 16.35, 14.50, 14.40, 13.33, 12.63, 12.06, 12.21, 13.93, 15.92, 13.31, 14.89, 13.77, 12.60, 14.84, 14.66, 13.57, 14.47, 16.66, 13.61, 13.43, 14.43, 17.37, 13.18, 16.79, 13.56, 13.74, 18.18, 16.18, 15.00, 14.54, 15.68, 12.61, 12.89, 13.75, 14.78, 8.41, 11.20, 14.31

2セット目は惜しいところで平均14秒切れませんでしたが、3セット目はなんとか再びsub14できました。ついでにsingleの8.41、ao12の12.44とPBを捕獲。

3BLD PB更新 21.10

こんにちは、小澤です。
先日久しぶりに3BLDのPBを更新しました。

21.10
D' R2 F' D' L' F2 L2 B' D' L2 B R F R' L2 F' R' B' D B F' R2 L2 U' L

【解法】
エッジ :M2+3-Style(DFバッファ)/コーナー:3-Style(UBLバッファ)
解く順番はエッジ→コーナーのエッジファースト

【記憶】
エッジ:文字/コーナー:レターペアストーリー

【記憶パート】
コーナー:クオカード(くお)を店(ぬせ)で使う、英語(えこ)を話しながら
エッジ:ういつえすと(文字記憶)、DF,DBでEO(ビジュアル記憶)

【解法パート】
エッジ:
(DF>UL >UF) U M2 L' U' L U M2 U' L' U L U'
(DF>RD>UF) B' R' B M2 B' R B M2
(DF>BL>RU) U' L U M2 U' L' U - B' R B M2 B' R' B(M2法)
(DF,DBのEO) x2 M' U' M' U' M' U' M' U2 M' U' M' U' M' U' M' x2
 

コーナー:
(UBL>FRU>FDR) x' y' D' R U R' D' R U' R' D2 y x
(UBL>DFL>BRD) y L'2 U2 L  D' L' U2 L D L y
(UBL>URB>LBD) U R D' R' U' R D R'
      
          
PBを更新できて嬉しいですが、ここまで簡単なスクランブルとなるとなぜ20秒切れなかったのか、と逆に悔しい気持ちで一杯です。

反省点を挙げると、

①エッジのラストDF>BL>RUをDF>BL>URと回して、EOをUR,DBに残してマヌーバーするべきだった
②コーナーの最初のUBL>FRU>FDRを回した後に、UBL>DFL>BRDが来るのでFDR手順をした後にF2の180度回転をしないでキャンセルを狙うべきだった(UBL>FRU>FDR手順はx' y' D' R U R' D' R U' R' D2 y x。UBL>DFL>BLD手順はy L'2 U2 L  D' L' U2 L D L。UBL>FRU>FDR手順の最後のD2とUBL>DFL>BRD手順の最初のL'2は同じなのでキャンセルが発生する。キャンセリングを行うことで、この2手順は「x' y' D' R U R' D' R U' R' y x U2 L  D' L' U2 L D L」と処理することができる。)

ちなみにコーナーの二手順目は引っかかりまくって1秒近くロスをしました。これは悔しい。

BLDtutorial【Tips】BLDのちょっとしたテクニック、練習の際に意識すること

BLDのちょっとしたテクニックと練習の際に意識するべきことをちょろっと紹介します。
BLDは「覚えて解くだけ」の競技ですし、正直テクニックなんてあってないようなものと言っても過言ではありません。ぶっちゃけ記憶のスピードで全体のタイムはほぼ決まります。

ですが、タイムを微妙に伸ばすためのテクニックや練習法は一応あることにはあります。日本語でのこういった情報はなかなか目にすることはできないと思いますので、私が感じ、身に付けてきたテクニックをさらっと紹介しようと思います。まあ上位陣は大半の人がやっていることですが。ではいきましょう。

1.透視

まずは「透視」です。透視ってスピードだけのものじゃないの?って思っていませんか?
答えはノー。BLDにも透視という概念が存在します。
BLDの透視とは、  

B面に読み取らなくてはならないステッカー(≒ナンバリング)があったとき、キューブをチルトして見ることなく、コーナー2色のステッカーを見ただけでステッカーの色(≒ナンバリング)を割り出す

というものです。
些細なテクニックではありますが、効果は結構あると思います。余計な動作が省かれることで分析のスピードが0.5秒~1秒は変わり、結果として記憶のスピードは微妙に速くなります。sub35くらいからは0.5秒~1秒のような短い無駄をいかにして省くかが重要になってくるので、そのくらいのレベルの人はできたほうがいいです。というか自然にできてくると思います。

なお、エッジでは1色を見ただけでは特定できないため、このテクニックは使えません。

2.分析記憶の際に指をいちいち折らない

指をいちいち折って、エッジのループの数が12前後になっているかを数える、これは初級者~中級者の方に非常に多くみられる行為です。
分析記憶にまだ慣れていないうちは構いませんが、ある程度のレベルになったら指を折らずに、感覚で12前後になってるかは瞬時に判断できるようになってください。慣れてくれば途中でループが途切れても、まだ分析が終わっていないパーツがどことどこなのかはすぐにわかるようになります。ある程度分析記憶になれたら指を折るのをやめて、どのくらいまで分析が進んだのかは「感じ取って」ください。

3.記憶時間をチェックしよう

BLDはタイムで勝敗を決めるスピード競技ではありますが、実態は記憶競技です。上位になればなるほど、記憶のスピードで勝敗がほぼ決まります。
上位で戦っていくにあたっては、記憶をいかにして鍛えていくかが練習の肝であるので、自分の記憶時間が今どのくらいかは常に確認するようにしましょう。そして今の自分はなぜこのくらい記憶に時間がかかってしまうのか、といったことをきちんと考えていきましょう。
記憶の伸びに限界はありますが、ある程度までは意識して鍛えていくことで改善されていきます。記憶時間をいうものに意識を向けることで、削るべきものは記憶である、ということを強く意識するということです。

4.ビジュアル記憶は最終手段

記憶法でビジュアル記憶に重きを置くのはもう過去の話で、ビジュアル記憶に頼っているようでは絶対にどこかで躓きます。ビジュアル記憶は使うならば最終手段として使い、上位を狙いたいけどビジュアル記憶をまだ使っちゃっている人は今すぐ文字記憶かストーリー記憶に変えましょう。
ビジュアル記憶を使っていいのは、

①CO,EOの記憶
②2点交換や、バッファを介しない3点交換の分析で、文字で分析記憶するよりはビジュアルで分析記憶したほうが明らかに速い

ケースのみです。
 
 
 

ちょっと時間がないのでこのくらいで。今回は4つしか挙げませんでしたがまだまだたくさん知っておいたほうがいい情報は存在します。暇なときに少しずつ加筆していきたいと思いますので、ご期待あれ。
Clear